農事組合法人共栄ファーム

企業紹介

「乳質向上、品質管理向上への取り組みが優れている牧場」としてJAから25年連続表彰

”「良質な原料に勝る製品はない!」「すべては土からはじまる」”
当牧場は『とにかく美味しい牛乳を全国にお届けしたい!』というシンプルな想いを大切にし、牧場を運営しています。およそ東京ドーム約67個分という315haの広大な牧草地を構え、約600頭の乳牛を飼養してつくる私たちの生乳は、オホーツク管内トップクラスの品質で北オホーツク農業協同組合から25年連続「乳質向上、品質管理向上への取り組みが優れている牧場」として表彰されています。
美味しい牛乳を生産するには良い土づくりから始まります。『良い土が良い牧草をつくり、その牧草を食べた牛が健康に丈夫に育ち、美味しい牛乳、質の良い牛乳となります』この好循環のサイクルを創り出すために「良質な原料に勝る製品はない!」「すべては土からはじまる」この言葉を合言葉にし、土づくりにこだわり、牛にストレスを与えないように自由に動けるフリーストール形式の牛舎を採用するなど、凡事徹底しこだわりの飼育で安心で安全な牛乳づくりに誇りを持って取り組んでいます。
すべての牛がおなかいっぱいに餌を食べ、ゆったりと一日を過ごせるように開放的な飼育を心がけ、これからも美味しい牛乳を全国に届けてまいります!

職場の雰囲気

当牧場はミルキングパーラーを導入するなど機械化をすすめることで、スタッフが肉体的に働きやすい環境づくりを心がけておりますので男性だけではなく、女性も活躍しているのが当牧場の特徴です。定期的に懇親会なども開催しているので様々な年代のスタッフ達が和気あいあいと働いています。
福利厚生面も充実しており、快適な住まいとして寮も準備しておりますので初めての方でも安心してスタートできますよ!

スタッフ紹介

大場さん
職歴 3年目

東北地方で銀行員として働いていましたが、動物に携わる仕事がしたいと思い酪農の世界に飛び込みました!分からないことや困ったことがあっても先輩方がサポートやアドバイスをしてくれるので、初心者でも働きやすい環境だと思います。搾乳や餌やりをしながら牛の状態を常にチェックし、元気な状態が維持できている姿を見ると安心感とやりがいを感じます。今後も牛たちが元気でいられるように、自分のスキルアップをしながら日々の仕事を頑張っていきたいです!

石村夫妻
職歴 夫9年目 妻5年目

もともと動物が好きでかつ身体を動かす仕事に興味があり、9年前に家族5人でこの地にやってきました。今では牧場内全般の管理や、一番草収穫時は自走式ハーベスターに乗ったりと、責任のある仕事も任されるまでになりました。
妻も1番下の子が小学校に入学と同時に入社し、夫婦そろって働いています。酪農の仕事は男性が主体と思われがちですが、力仕事ばかりではなく、機械に乗って作業をしたり、相手が生き物なので細やかな洞察力が必要だったりと男女関係なく活躍できる仕事です。
当牧場は福利厚生面が充実しているので安心して働けますよ!

企業情報 COMPANY

企業名 農事組合法人共栄ファーム
住所 〒098-1705 
北海道紋別郡雄武町字南雄武411-1
電話番号 0158-84-4140
FAX -
ホームページ https://www.kyouei-farm.com/
設立 平成9年
従業員数 10名
事業内容 酪農業

一次産業一覧へ

この企業に問い合わせを入れる

お問い合わせフォーム